2017年01月13日

「失敗しない土地選びの秘訣」14

勘のするどい皆さんなら、もうおわかりですね。

土地選びも同じです、なかなか決まらない人は、条件を決めないまま探してるんです。

だから、1年経っても自分にぴったりの土地が見つからないんです。

それで、土地探しを始める前に、あなたが決めておくべきことが5つあります。

まず一つ目は、不動産の価値をどのように考えているかです。

財産と考えてるのか?

それとも、消費するものとして考えてるか?

別な言い方をすれば、日常生活の便が優先か、自然環境が優先かということです。

日常生活の便を優先すると、市街地で駅にも近く、買物も便利な場所になります。

こういう所は、多くの人が住みたいと思います。

ですから、そういう不動産は売りやすいんです。

つまり、財産としての価値が高いんですね。

一方、自然環境を優先すれば、郊外の静かな場所になりますね。

こういう所は、交通の便も、生活の便もよくありません。

だから、いくら安くても、なかなか売れません。

それは、車といっしょで、ローンを払いながら消費していることになるんです。

つまり、財産としての価値は低いということです。

皆さんは、どちらかにしますか。

あなたの価値観で決めてください。

もちろん、生活の便がよくて、自然環境も良いところという気持ちはわかります。

でも、どちらを優先するかを決めておかないと、土地探しで混乱します。

もしなかなか土地が決まらないなら、まずここからスタートしてください。

ただし、これって、実はすごく難しいんですよね。

なぜなら、夫婦でもそれぞれ価値感が違うからです。

「互いの価値観を尊重してます」って言われそうですが・・・

普段の生活ではもちろんそうでしょう。

でも、大きな決定をしなければいけないとなれば話は別です。

家は、一生に一度の大きな買い物ですからね。

お互いの価値観がぶつかります。

そこでポイントの二つ目は、お互いの価値観をすり合わせることです。

決して、「あなたはおかしい」って言わないでくださいね。

価値観は、人それぞれ違うんですから。

「わたしはこう思うけど、あなたはどう?」って感じですね。

じゃ、平行線になったらどうしたらいいか、それは一番最後に話しますね。

  1. ホーム
  2. 2017年01月12日«2017年01月13日»2017年01月14日